3-2-1DFについて

交流会に向けて、3−2−1DFに挑戦することにしました。

採用した理由としては主に3点ありまして、以下の通りです。


①立体的なDFであること(個人能力の向上のため)

②それぞれのポジションの役割が明確であること(動き方が覚えやすい)

③高く出過ぎないことで1対1の勝負を引き出したい


 

それでは、さっそく説明していきましょう!

3ー2ー1DFの概要(がいよう)

上の図のイメージが、大まかなコンセプトになります。

詳しくは、以下のPDFファイルにまとめたのでご覧ください。


3-2-1DFってどんなディフェンス?


私はこういうのをチマチマまとめるのが大好きです笑

特徴としては、これもまた大きく3つあります。


①三角形の形になるようにDFが並び、この形をなるべく崩さないように守る

②三角形の中でのシュートを打たせないように守る

③ジャマをするトップDF、強く守る2枚目、カバーするフルバック・1枚目という役割がある


3ー2ー1DFの動き方

動き方もPDFに書いてはあるんですが、実際の映像を見ないと分からないですよね。

ということで、youtubeでいい映像がないか探してみたところ、シンプルな映像を見つけたのでリンクを貼っておきます。

実際に子どもたちに指導している動画ですね。

本当にわかりやすいので、次回やってみたいと思います!

そして、試合の中での動きがこちら。

最後2枚目が抜かれてシュート決められてしまっていますが

動きとしてはイメージができるのかなと。

立体的なDFは1人に任される守備範囲が広いので、1対1のディフェンス力が求められます。

逆にいうと、立体DFを習得しようと頑張っていると、1対1のディフェンス能力がついてくるということになります。

 

イメージをつかんで、全体の動きをマスターしていきましょう!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です