静岡遠征!LHC静岡さんと交流会を行いました


【記事の要約】

①9月大会に向けて静岡に遠征しました。

②たくさん試合をして、たくさん成長できました

③スポーツを通じて仲良くなれるって素晴らしい!


海の日に、LHC静岡さんと練習試合のため、静岡まで遠征を行いました。

LHC静岡の監督を務めているのは、大同大学男子ハンドボール部の選手のお父さんであり、大同大学を通じたご縁からお誘いを受けることができました。

到着後、三保の松原で昼食。チームの仲も深まります。

練習試合は、午後から夕方までみっちりと実施しました。

こんなにも試合をするのはみんな初めてでしたが、みんな最後まで全力でプレーしてくれました。

LHCさんが基礎を徹底してきっちりとハンドボールをしてくれるので、どうしたらそれを攻略できるのか、考えて工夫しながらプレーをしていました。

また、女子チームが自発的に「どうやったらシュートまでボールを運べますか?」と質問をしてくれたことも嬉しかったですね。

その結果、試合を始めた頃にはできなかったプレーができるように成長してくれました。

こうして自分たちのレベルを引き上げてもらえるのは、練習試合ならでは。貴重な機会をありがとうございました。

男女とも、練習してきたことがだいぶ形になってきました。

男子は、1対1の意識や、DFの大まかな動きを理解できてきたので、2対2などの連携に取り組んでもいいのかもしれません。

女子は、つなぎの意識が高くなってきたので、その土台となる個人技能やオフザボールの動きを高めていくといいですね。

 

終わった後は、みんなで記念撮影。

お別れの挨拶では握手をして友好を深めました。

初めて出会った人とも、ハンドボールを通じて1日で仲良くなれる。素晴らしいですね。

LHCのみなさん、暖かく我々を受け入れて下さり本当にありがとうございました。

試合経験を積むことができたのはもちろん、スポーツを通じて人と関われることの楽しさ、素晴らしさを経験することができました。

人と人との繋がりがあるからハンドボールに打ち込めるということ、感謝の気持ちが大切だということが、言葉で伝える何十倍も子どもたちの心に伝わったと思います。

選手も私も、この日に感じたことを忘れず、これからの活動に活かしていきます。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です